NEWSお知らせ

2024年

戸籍制度が利用しやすくなります!令和6年3月1日開始

戸籍法の一部を改正する法律(令和6年3月1日施行)により、最寄りの本籍地以外の市区町村の窓口でも、戸籍証明書・除籍証明書を請求できるようになります(広域交付)。

相続等の行政手続きに必要な書類である戸籍謄本が取得しやすくなる一方で、実際の複雑な戸籍の読み取りなどについては専門家に依頼しなければ難しいという負担は残ります。

相続等に何かしら疑問があればご相談ください。

法務省:戸籍法の一部を改正する法律について(令和6年3月1日施行) (moj.go.jp)

001409036.pdf (moj.go.jp)パンフレット

 

空家等対策ってなに?

空家等対策の推進に関する特別措置法の一部を改正する法律が令和5年12月13日より施行されました。

これにより、空き家のある市区町村から「管理不全空家」や「特定空家」としての指導を受け、それに従わずに勧告を受けると固定資産税等の軽減措置(住宅用地特例)が受けられなくなります。

実家や自宅を空き家にしないため、空き家となっても放置しないために家族の話し合いが大切です。

空き家はそのままにせずに、「仕舞う」(除去)・「活かす」(活用)の行動をとりましょう。

空き家対策についてのご相談をお待ちしております。

国土交通省|住宅:空き家対策 特設サイト (mlit.go.jp)

お知らせ一覧に戻る
TOP